総量規制を無視(対象外、例外)できる借り入れとは

キャッシングには、総量規制というルールがあります。
このルールですが、借りすぎを防ぐために設けられたもので、
年収の3分の1以上のお金を借りることはできないというものです。
このルールに照らし合わせれば、年収900万円の人は、
300万円以上キャッシングをすることができないということになります。

ただし、全てのルールには例外があります。
キャッシングの総量規制にも、例外というのがあり、
例外の場合にはこれを無視することができます。
細かい説明はどうでもいい方は銀行カードローンで即日融資を可能にするという
エントリーがズバッとしてるので見ておくといいでしょう。

まずは、銀行の提供するキャッシングです。
銀行の提供する商品には、住宅ローンやマイカーローンなどがあります。
これらの融資は1000万円以上になることも多く、年収の3分の1などと言っていられません。
銀行のキャッシングの場合も、銀行が提供しているという理由で、対象外となっております。

利用者の借りすぎを防ぐのが目的

おまとめローンというキャッシングがあります。
これもルールの例外です。

そもそも総量規制は、借りすぎによる利用者のデメリットを防ぐことを目的としております。
しかしおまとめローンは、利用者が利息を減らすという得をするものです。
そのため、銀行だけでなく、消費者金融であっても
おまとめローンは例外となっております。

専業主婦も例外です。
専業主婦には収入がありませんので、ルールをそのまま適用すると
キャッシングできないことになります。
しかし実際には、配偶者の収入を自分の年収と「みなす」ことができます。
これによってキャッシングができるというわけです。